Bluetoothキーボード:3E Plier(プリエ)を購入

ちょっとしたときに、さっと広げて記事を書ける環境が欲しいと思っていました。
  • 物理キーボードは絶対に欲しい
  • 入力するデバイスと調べ物をするデバイスは別の方がいい
  • 極力小さくて、電源いらずにしたい
こんなかんじの条件で探して最初に思いついたのがポメラという商品でした。
DM200|デジタルメモ「ポメラ」|キングジム
デジタルメモ「ポメラ」DM200をご紹介します。株式会社キングジムの公式ウェブサイトです。
これはメモ機能のみに特化していて、サイズの割に大きなキーボードで入力ができるのが魅力的でした。発売当初から知ってはいたのですが、価格が4万円代とメモ機能だけの割には高価で、しかも思ったよりサイズが大きかったので今回購入は断念。
次に思いついたのが、iPodTouchに折りたたみのキーボードを組み合わせる方法。良さそうなキーボードを探した結果、Plier(プリエ)というBluetoothキーボードを購入しました。
広告

Plier(プリエ)について

Plier(プリエ)は、3Eというメーカーが販売しているBluetoothキーボードで、探した中では唯一の縦に折りたたむタイプのものです。ネットでの評価も上々で、価格も5,600円と手頃な値段で購入できました。

特徴

Plierを選んだのは、以下の2つの特徴が私の使う環境にマッチしていたからです。

縦折り式

横に折りたたむものがほとんどの中で、ほぼ唯一の縦折りタイプ。長くなるので場所をとるかと思いきや、ペンケースの様にカバンに入れることができるのでスリムに収納することができます。また、横折りタイプのものをいくつか試してみた時に、ヒンジの部分で若干たわむのが気になることがありましたが、縦折りではそれがありませんでした。

折りたたみ式のスタンドが付いている

決め手だったのがこれ。スマートフォン用のスタンドが付属品でついてくるものは他にもありましたが、キーボードと一緒に収納できるのは探した中でこれだけでした。
ロック機構がついていないので、何もないところでは動いてしまいます。膝の上に置いて使うような用途には向いていませんが、机に置いて使う分には裏にラバーが貼られているのできちんと固定することができます。

3台のデバイスを切り替えて使うことができる

あらかじめデバイスを登録しておくと、fn+Q,W,Eで各デバイスを切り替えて使うことができます。私はこの機能を使っていませんが、複数のデバイスを持っている方にはとても便利な機能だと思います。

仕様

  • 型番:3E-BKY6(ブラック)
  • キーピッチ:15.5mm
  • キー耐久回数:300万回
  • 充電時間:2時間
  • 連続待受日数:150日
  • 連続使用回数:50時間
  • 対応OS:Android3.0〜、iOS5.0〜、Windows7〜

大きさ

折りたたみ時:202.5×46.5×15.2mm

使用時:202.5×89.2×15.2mm

重さ

163g(カタログは164g)

キーボードについて

キー配置です

私の主観ですが、文字の部分を広く取ってあるので文字入力はかなり快適に行うことができます。MacBookProのキーボードの感触とよく似ていて、キーの間に適度な隙間もあるのでミスタイプも少ないです。ただ、文字を広く取っている分、記号については変則的な配置になっているので慣れがいります。

記号の配置で気になる点

  • 数字とファンクションは同じキーで、やや窮屈な印象
  • エンターとシフトを打ち間違えやすい
  • 文字種の切り替えはiOSの場合ctrl+space
  • 「」の位置が特殊で覚えるまでちょっと混乱する

最後に

今のところ快適に使うことができています。出かけた先で記事を書きたい、空いた時間に打ち込みたいと考えられている方は一考の価値があると思います。