機材

オーディオインターフェイス

Apollo Twinを使った録音・ミックス 〜マイクを使ったギター収録〜

コンパクトなオールインワンのオーディオインターフェイス、Apollo Twinを使って、アコースティックギターを収録してみます。宅録の音をもう一歩いい音にすることはできるのか?「普段の収録をワンランク上に」できるか検証してみます。
機材

サウンドハウスでお買い物!欲しかった楽器・機材が最安値で買えるかも

楽器・機材を買うならサウンドハウスがオススメです。豊富な品揃え・最低価格保証・在庫商品なら即日発送と、とにかくスピーディーにお安くお買い物できる便利なサイトです。ご存知ないかたのために簡単な紹介を書かせていただきました。
オーディオインターフェイス

Apollo Twin本体と付属ソフトウェアの使い方

Apollo Twinの入出力、ボタン類と付属のソフトウェア「Console」「UAD Meter & Control Panel」の使い方をクイックマニュアル的にまとめています。
オーディオインターフェイス

Apollo Twinを使った録音・ミックス 〜ベースとドラムの編集〜

ベースとドラム、いわゆるリズム隊の音がしょぼいと曲全体に影響がでます。特に打ち込みに頼りがちな宅録では悩みの一つ。Apollo Twinに標準でバンドルされているUADプラグインで、ベースとドラムの音がどこまで変わるか検証してみました。
オーディオインターフェイス

Apollo Twinではじめるワンランク上のレコーディング

入門機からのアップグレードはどれがいいか悩んでいる方。また、高価なアウトボードに躊躇している方。Apollo Twinを使えば高品質なマイクプリとアウトボードを利用することができます。そんな宅録に最適なApollo Twinの紹介記事です。
スピーカー

スピーカーの能率が違うと何が変わる?わかりやすく解説します。

スピーカーのスペックに書いてある能率。〜dBと書かれていますが、一体これは何の数値なのでしょうか?数値も結構ばらけていて、いくつなら良いのかわかりにくい項目でもあります。そんな能率という項目について、アンプのダンピングファクターと絡めて解説したいと思います。
系統図

JW-CAD for Macでライブ用の系統図を描いてみる

シリーズで書いていますJW-CAD、今回で最終回です。簡単な音響システムの系統図を書くのに覚えておくといい知識についてまとめました。そもそもシステム系統図ってどんなものか、どういう風に書くのか知りたい方は一度ご覧ください。
系統図

JW-CAD for Macで系統図を描くために必要な図形の描き方

JW-CADの操作方法は独特で複雑。全部覚えるのは大変なので、系統図をひくために最低限必要な操作方法を厳選して紹介していきます。基本図形さえかければこっちのものです。線・四角・円・曲線ほか、図形の消去、拡大・縮小などについてまとめてあります。
系統図

JW-CADをMacにインストールした時につまずいたこと

製図ツールとして有名なJW-CAD。私もPAの際の系統図の製図に利用しようと思いインストールしたのですが起動せず。どうやらこのアプリ、WIndowsのものをそのまま動かしているみたいでインストール時にきちんと設定してあげないと動きませんでした。この記事ではJW-CADのインストール方法をまとめています。
スピーカー

GENELEC 8030AとYAMAHA NS-10Mを比較してみた

モニタースピーカーの新旧対決!往年のスタンダードNS-10Mと、GENELEC 8030Aを比較しました。周波数・位相・応答特性など、モニターに必要な原音忠実性に必要な項目についてそれぞれ測定しています。GENELECを使うメリットについても言及していますので購入時の参考にご覧ください。
広告