定番中の定番ヘッドホン Sennheiser(ゼンハイザー) HD650の特性を測ってみました

ゼンハイザーのHD650、私が解説するまでもなく有名なヘッドホンでしょう。リスニング・モニターと、用途を選ばずに幅広く使える一品です。

新しい機種がどんどん出てきていますが、未だ人気が衰えません。
私もリファレンスとして10年間愛用しています。

ヘッドホン・イヤホンで音楽を聴くのがあたりまえのいま、いいヘッドホンは一つ欲しいところです。

どうして定番になったのか、何故いい音なのかを、測定データを元に考えていきたいと思います。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD650

あらゆるジャンルとの親和性が高く、クラシックからロックまでオールマイティにこなす優れもの!フィット感も抜群!

サウンドハウスについては解説記事をご覧ください。

オススメ

仕様

型式 : ダイナミック・オープン型
周波数特性 : 10~41,000Hz
インピーダンス : 300Ω
音圧レベル : 103dB
質量 : 約260g (ケーブル重量除く)
接続ケーブル : ケーブル長3.0m(両だし)、
6.3mmステレオ標準プラグ(ストレート型)
付属品 : 3.5mm変換アダプター

公式サイトより引用

いわゆるハイインピーダンスなオープン型ヘッドホンです。以前の記事で解説したのですが、インピーダンスが高いヘッドホンは再生環境を選ぶため数が少なく、他にはbeyerdynamicくらいしか扱ってくれていません。

完全に余談ですが、beyerdynamicはサウンドハウスが代理店になってから随分とお値打ち価格になっています。990の600Ωモデルとかが欲しいなあ

外観

HD650の外観
HD650の外観

濃い紺色を基調としたメタリックな色で、がっしりとしたデザインです。

イヤーパッド部分
イヤーパッド部分

イヤーパッドは厚みがあってサイズも大きいので、耳をすっぽり覆ってくれます。側圧はやや強め。

装着感はとてもいいですが、密閉性が高いので夏場に長時間付けていると蒸れてしまうのが難点。

左右でケーブルが独立しています。これのせいでケーブルが絡まってしまうので、時々ねじれをとってあげる必要があります。

ケーブル接続部分
ケーブル接続部分

ケーブルは両側から出ていて、付け根の部分で脱着できるようになっています。もし断線してしまった時は、純正ケーブルを購入して交換できるようになっています。

プラグ部分
プラグ部分

プラグはオーソドックスな金メッキプラグ。側面にゼンハイザーのロゴが刻印されています。

アジャスト機構
アジャスト機構

アジャスターは硬めに出来ています。10年使ってもへたっていません。

HD650の重量
HD650の重量

ケーブル込みの重量は実測で342g。結構な重量があります。

特徴

インピーダンスが300Ωと高く、ドライブ能力の高いアンプ(こんなの)が必要になりますが、それさえあれば非常にモニターしやすい音です。

聴き疲れするような音ではなく、低域が厚く迫力があります。でも高域もきちんと聞こえる。定位もいい。

でもオープンタイプなので音漏れは多いです。音量にもよりますが、同室の人にはバッチリ聞こえます。

測定

では、実力を見せていただきましょう。

周波数特性

周波数特性
周波数特性

100-15kHzあたりまでペア特性がしっかり確保できていて好感が持てます。100Hz以下もなかなかいい感じです。

シングルダイアフラムのため、ユニットが複数あるスピーカーと比べると、どうしても高域では左右差が出てしまいます。

それでも15kHzあたりまでこれだけ揃っていれば、あまり問題にはならないでしょう。

どうしても周波数特性の揃ったものがと言うのであれば、SONYのCD900STなどが候補にあがるでしょう。このサイトで測定データの記事がありますのでよければご覧ください。

位相特性

位相特性
位相特性

一瞬同じデータを開いたのではないかと思ってしまったくらい、きれいに揃っています。

位相ずれは音質面で大きく影響が出るパラメーターの一つですが、ここまできちんと対策しているヘッドホンはそう多くありません。

低域がとてもきれいに鳴ってくれる印象がありましたが、こんなところも影響しているのかもしれません。

測定して自分が一番びっくりしました。

全高調ひずみ率

全高調歪率
全高調歪率

全体に渡って1%付近で推移しています。

インパルスレスポンス

インパルスレスポンス
インパルスレスポンス

およそ1msで収束しています。

まとめ

定番たる所以は数字にもしっかりと現れました。これといった弱点もなく、リファレンスとして文句のない一品です。

強いて言うならちょっと重厚感がありすぎて重たいことくらいでしょうか・

音については素晴らしい特性です。際立った位相特性の良さが人気の秘密かもしれません。

しかし、これを使ってモニター環境を構築する時は、ヘッドホンアンプに配慮が必要です。インピーダンスが高いので、出力インピーダンスが十分に低いものを準備しないと、音の立ち上がりに支障がでます。Rupert Neve Designs RNHPなんかが、お手頃価格でスペックもそこそこなのでおすすめです。

それと、iPhoneなどのポータブル機器につなげて音楽を聴きたい人にはまったく持って向きません。そう言う時はHD 599のような、インピーダンスの低いヘッドホンを選びましょう。

まあ、これをiPhoneにつなげて使うために買う人はいないでしょうが、、、

お手軽に楽しむには不向きですが、音楽ライフをちょっと充実させたい。モニター環境をよりよいものにしたい。

そんな要望をかなえてくれる一品です。

SENNHEISER ( ゼンハイザー ) / HD650

あらゆるジャンルとの親和性が高く、クラシックからロックまでオールマイティにこなす優れもの!フィット感も抜群!

サウンドハウスについては解説記事をご覧ください。

オススメ