小規模なライブ向きPAスピーカー ZX1-90Bの特性を見る

フルレンジタイプのコンパクトなPAスピーカーといえばSX-300が有名です。

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / SX300E ペアセット

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / SX300E ペアセット

樹脂製スピーカーの定番にしてEVの代表機種。切れの良い高域とレスポンスの良い低域。耳あたりのよい万能サウンドです。

広帯域ながら低域もしっかり出るバランスに優れたスピーカーですが、1発17kgとまあまあ重く、1人の時にもう少しコンパクトなスピーカーがないものかと思うことがありました。

そんな時にぴったりなのが、今私がメインで使用しているスピーカーであるZX1-90Bです

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ZX1-90B ペアセット

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ZX1-90B ペアセット

コンパクトでスタイリッシュなデザインを誇る小型スピーカーの新世代モデル。軽量でどこでも気軽に持ち運びができ、小規模のイベント、ライブにオススメ。

※Amazonではペア販売はされていません

とてもフラットな音で、軽量コンパクトなこのPAスピーカーの特性を今回は紹介していきたいと思います。

ZX1-90Bについて

製造はSX-300も手がけているエレクトロボイス。SXより新しいシリーズとして打ち出されたのがZXシリーズのラインナップです。

大きく異なるのが筐体の形状で、SXのひし形から、曲線を多くした左右非対称の形状へと変化しています。曲面・左右非対称とすることで定在波の発生を抑える効果が期待できます。
後ろの数字が大きくなるほどサイズが大きくなります。最も大きいモデルがZX5で、今回する紹介するZX-1はシリーズのなかで最もコンパクトなモデルとなります。

外観・仕様

カタログ仕様

・周波数特性(-3 dB)…60 Hz – 20 kHz
・感度…94 dB (1W/1m)
・最大SPL…123 dB
・水平指向角度…90°or 50°
・垂直指向角度…50°or 90°
・最大出力…200W (Cont) 400W (Prog) 800W (Peak)
・低域ユニット…EV8L, 8 in (203mm) Driver
・高域ユニット…DH2005, 1 in. (25.4mm) Exit Compression Driver
・クロスオーバー周波数…1.7 kHz
・インピーダンス…8 Ohms
・最小インピーダンス…6 Ohms
・接続コネクター…Neutrik Speakon NL4
・サイズ(H x W x D)…457mm x 282mm x 264mm (17.98” x 11.12” x 10.38”)
・重量 …8.4 kg

データシートより引用・意訳

8インチウーファーと1インチドライバーのコンパクトな筐体で、重さも8.4kgと軽いハンドリングしやすいスピーカーです。
最大SPLが123dBとやや物足りませんが、アコースティックメインの音圧が小さめなプログラムであれば十分こと足ります。

ちなみにグリルを外すとドライバー部分を外して回転させることができます。メインで使う場合とモニターで使う場合とで指向性を切り替えて使用することができるようになっています。

外観

iPhone5sと比較しても、かなりコンパクトであることがお分りいただけるかと思います。SX300と比較すると一回り以上小さい印象です。

スピーカー全面
スピーカー全面

特徴的な形状となっている外周部。定在波の発生を抑えることができるほか、モニターとして転がす際に安定して設置できるように設計されているようです。

上から見た図
上から見た図
下から見た図
下から見た図
横置きした図
横置きした図

買った時についてくる箱へぴったり収められるので、収納はあまり困りません。

スピーカーに付属の箱
スピーカーに付属の箱

実測値

測定環境

  • 使用ソフト:REW (Room EQ Wizard)
  • オーディオインターフェイス:Apollo Twin DUO
  • アンプ:QSC PLX2502
  • マイク:Dayton Audio EMM-6、ソフト内校正データ適用済み
  • 測定方法:こちらの記事をご覧ください。
  • スピーカーと対象との距離:1m

周波数特性

周波数特性
周波数特性

周波数特性は100Hz〜20kHzの区間でほぼ±10dB以内におさまっていて、PAスピーカーとは思えないほどフラットな特性になっています。
ピークが非常に少ないため、何もしなくてもハウリングや室内での定在波が起こりにくく、とても楽にセットアップができる印象です。
ただ、低域の再生は妥協する必要があります。100Hz以下は全く期待できないため、ベース・ドラムなど再生したい時は別途サブウーファーの増設が必要になります。

サウンドハウスでみる

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ZX1-Sub

ZX1-Subは、EV世界的標準モデルZX1 シリーズのコンパクト・ハイパワー・サブウーファー・システムです。

位相特性

位相特性
位相特性

位相も大変きれいに処理されている印象です。クロスオーバー付近がなめらかにつながってます。音質のつながりもスムーズな印象です。

応答特性

インパルスレスポンス
インパルスレスポンス

応答特性も特に問題はありません。軽薄な筐体なのに、鳴きも小さく抑えられています。曲面・左右非対称であることが威力を発揮しています。

全高調波歪率

全高調波歪率
全高調波歪率

90dB出力時に1%前後と、スタジオモニターと比較すると歪みが多いですが、PAスピーカーとしては問題ないレベルではないかと思います。

まとめ

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ZX1-90B ペアセット

Electro-Voice ( エレクトロボイス ) / ZX1-90B ペアセット

コンパクトでスタイリッシュなデザインを誇る小型スピーカーの新世代モデル。軽量でどこでも気軽に持ち運びができ、小規模のイベント、ライブにオススメ。

※Amazonではペア販売はされていません

小規模ライブ、特にアコースティックライブのような、音圧より音質を重視したいシーンには最適なスピーカーです。
また、これにサブウーファーを追加したり、2対向にすることでさらに色々なシーンへの応用の効く拡張性の高いスピーカーです。
一発の音圧と低域を求める場合にはSX-300を選ぶといいでしょう。

重たい機材がしんどくなってきた・もう少し手軽に使えるものが欲しいと考えている方は一度試してみてください。