スピーカー測定:Olasonic TW-S7

以前REWの使い方でも紹介した卵型スピーカー、Olasonic TW-S7を測定していきます。

TW-S7について

TW-S7|スピーカー|Olasonic(オラソニック)
TW-S7|スピーカー|スピーカー・NANOCOMPO・マリアージュなど、各商品ごとの仕様や特長・優位性などの情報はこちらのページからご覧ください。Olasonic(オラソニック)では、お客様がわくわくするような新製品を誕生させてまいります。

2010年に発売されたPCスピーカーで、東和電子というメーカーが開発しました。東和電子はソニーの元技術者の方々が集まってできた会社で、現在はインターアクションという会社にOlasonicブランドを譲渡しています。

特徴的な形をしていて1万円を切る価格ながら、クリアな音質で人気になり2016年のヴィジュアルグランプリで受賞をするなど、当時話題になりました。現在でもOlasonicシリーズはラインナップを増やしつつ販売が続けられています。

特徴

  • USBのみの簡単接続
  • USBバスパワーのみで10W+10Wのハイパワーを実現
  • パッシブラジエータによりサイズを超えた重低音再生
  • シャープな定位とクリアで臨場感ある音場を再現
  • 理想的な卵型音響キャビネット
  • 高性能シリコン製インシュレーター

(メーカーサイトより引用)

サイズ以上の低域と、定位の正確さが最大の持ち味です。迫力ある音ではありませんが、目の前に演奏者が見える様なモニターが可能です。

また球に近い形状をしているため、エンクロージャー内の定在波やユニット前面での不要な反射が少ないです。このため位相の乱れが少ない音であることも特徴的です。

仕様

  • 周波数特性:60〜20kHz
  • 最大出力:10W
  • ユニット:6cmフルレンジ、6cm発泡ウレタン製パッシブラジエーター
  • サイズ:108×108×141mm
  • 重量:950g

実測値

測定環境

  • 使用ソフト:REW (Room EQ Wizard)
  • オーディオインターフェイス:MOTU 896HD
  • アンプ:スピーカー内蔵
  • マイク:Dayton Audio EMM-6、ソフト内校正データ適用済み
  • 測定方法:こちらの記事をご覧ください。
  • スピーカーと対象との距離:20cm

今回は出力がUSBのため、インターフェースの校正データは使っていません。

周波数特性

  • ±5dB区間は150〜10kHzというところでしょうか。カタログスペックとはずいぶん違いますが、6cmユニットであれば妥当な数値と言えます。
  • 150〜300Hzあたりにかけてブーストされている様に見えます。パッシブラジエーターはおそらくこの辺りにピークが来る様に設計されていると考えられます。

10Mとの比較データ(:NS-10M :TW-S7)

位相特性

  • 200〜10kHzにかけて綺麗な特性になっています。前回測定した時と変わりなく、フルレンジの強みが現れています。

10Mとの比較データ(:NS-10M :TW-S7)

NS-10Mがクロスオーバーである2kHz付近で位相がまわっているのに対して、TW-S7は10kHzまで綺麗に伸びています。特に中域の部分でひずみのない音が期待できます。

応答特性

  • 収束するまでにおよそ700μ秒かかっています。後ろの波は付帯音となって音が滲んだように聞こえる原因になります。

10Mとの比較データ(:NS-10M :TW-S7)

ちょっと見づらいですがNS10Mの箱鳴りの部分に、TW-S7の付帯音が重なっています。収束は遅いですが、卵型の筐体のため剛性が高く、箱鳴りは極めて少ないことが伺えます。

全高調波歪率

1%以内の区間が200Hzまでとなり、ややひずみが多い印象です。

群遅延特性

100Hz〜10kの区間で特に大きな乱れはありませんでした。

まとめ

  • 中域については、周波数・位相ともに理想的な特性
  • 高域は早めにロールオフしている。低域にややピークあり
  • 箱の共振が非常に少ないと考えられるため、いわゆる鳴きが最小限に抑えられている。
  • 内蔵のデジタルアンプはややひずみが多い印象。

NS-10Mはクロスオーバー付近でひずみがあるため、中域のモニターはこれで行なっています。ワイドレンジで迫力のある音よりも、少しナローでもフラットな音が好きなので、音楽鑑賞もこれで快適にできています。

迫力ある音とは違う音を探されているのであれば一度試してみてはいかがでしょうか?