MacにLAME.Frameworkをインストールする

 

MP3への変換ソフトとしてとても有名なLAME。AACやOggなどが台頭してきてはいますが、まだまだMP3の需要は根強いものがあります。

MacにLAMEをインストールするための記事はあまり多くなく、自分がインストールしようとして勘違いした部分があったので記事にしました。参考になると幸いです。

広告

LAME.Frameworkについて

「LAME Mac」で検索すると、ターミナルを使ってコマンドラインからインストールする方法がよく出てきます。

別の記事で紹介したSound Studio4というソフトでMP3書き出しをするためにLAMEをインストールしようとしましたが、この方法ではできません。

DAWやオーディオ編集ソフトなどのアプリでMP3書き出しのためにLAMEのインストールをうながされた場合、LAMEではなくLAME.Frameworkをインストールする必要があります。

 

コマンドラインで使用するLAMEのインストール方法は別の記事で紹介しています。こちらを参考にしてください。

MacにLame Encorderをインストールする
ターミナル操作に慣れていない方のために、LAME Encorderのインストール方法をできるだけわかりやすく紹介しています。インストールの際に勘違いしやすいところについても記事にしましたのであわせてお読みください。

LAME.Frameworkのインストールはとても簡単です。その手順を以下に書きます。

インストール方法

検証したMacはMacBookPro Late2011、OSはHighSierraです。

まずはRareWaresというサイトにいきましょう。ここには各OSでLAMEを使うことができるように、コンパイル済みのファイルが配布されています。本家サイトでもリンクが貼ってあるサイトですのでご安心ください。

 

RareWares

 

左上にあるタブから「MP3」→「LAME Bundles」と進み、「LAME 3.99.5 Framework for OS X (10.7+)」をダウンロードします。

2019年の最新版は3.99.5です。

.dmgファイルがダウンロードされますので、実行してパッケージファイルを実行します。

 

AppStore経由ではないため普通に実行するとこのエラーが出ます。その時は「control」を押しながらクリック→「開く」で実行できます。

 

「続ける」をクリックします。

 

「インストール」をクリックします。

 

これでLAME.Frameworkがインストールされました。DAWなどで書き出しができるか確認してみましょう。

LAME.Frameworkは以下の場所にインストールされます。

/ライブラリ/Frameworks/LAME.Framework

 

ユーザーライブラリではなく、ドライブ直下のライブラリであることに注意です。

これで使用できるようになっています。アプリ側で書き出しができるようになっているか確認しましょう。

32bit対応について

2018年現在のLAME.Frameworkは32/64bitバイナリです。HighSierraでは32bitアプリも動作できるようになっていますが、近いうちにMac OSが完全64bit対応になり、32bitアプリに対応しなくなる可能性があります。

その際に、現バージョンのLAMEが動作するのか分からないので、MP3への変換機能が必要な方は、次期OSへのアップグレードは気をつけて行ってください。