宅録でもここまで仕上がる!UA社のオーディオインターフェイス ApolloTwin

これまでApolloTwinを使って進めてきた収録作業。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII DUO

デスクトップタイプオーディオインターフェイスに、UAD-2プラグインがリアルタイムで動作するDSPシステムが合体したAPOLLO TWINの次世代モデル。サウンドハウスについては解説記事をご覧ください。
オススメ

前回まででこんな感じの音源が出来上がりました。

プリセットの力を借りることで、それなりにまとまった音に仕上がってきています。

今回は最終調整をしていきますが、その前にまずは私が目指すミックスについて話しておこうと思います。

人によって理想の音は違いますし、そこまで技術があるわけでもないので、今回の記事は何とな〜くで見ていただけたらと思います。

  1. 紹介記事
  2. 本体とソフトウェアの使い方
  3. ベース・ドラムの収録
  4. アコースティックギターの収録
  5. リード楽器を入れてみる
  6. ミックスしてみる ←現在の記事
広告

私の目指すいい音

私の理想の音を一言でいうと、「空間が感じられるようなミックス」です。その実現のためには次の項目を満たす必要があります。

広いダイナミックレンジ

これについては説明するよりも波形を見ていただいた方が早いです。

楽曲ごとのダイナミックレンジの違い
楽曲ごとのダイナミックレンジの違い

上の画像は、それぞれ別のアプローチでミックスした2種類の音源です。どちらもジャンル・楽器の編成は同じですが、波形にはかなり差があります。

上の音源の方が隙間が多く、下はぎっしりと音が詰まっています。

聴こえ方もずいぶん違います。上は広い空間の中でプレーヤーが演奏しているような聴こえ方をするのに対して、下は四畳半の部屋で鳴らしているような印象を受けます。

空間が広く感じる理由の一つがダイナミックレンジの広さです。

楽器の中でもっともダイナミックレンジが広いのはドラムです。上下に伸びているヒゲのような波形は、ほとんどがドラムの音です。

下が狭苦しい印象を受けるのは、一つひとつの楽器の音像がやたら大きいからで、これはドラム以外の楽器の音が大きいのが原因です。

音量感はあるので、下のアプローチでミックスされている音源も多く見かけます。

私は上の波形。つまりダイナミックレンジを広く取るミックス方式を採用しています。

高い明瞭度

空間を広く見せるには明瞭度、つまり一つ一つの音のキレの良さが重要です。

ドラムのダイナミックレンジを広く取るためには、他の楽器の音はかなり小さくしておく必要があります。

となると小さな音でも存在感を出すことができるようにしておかないと、単にドラム以外の音が小さいだけの音源になってしまいます。

そのためにはS/Nがいい環境で、適切な録音ができていること。周波数のカブりがきちんと除去できていることが必要です。

上下・前後の定位

定位は左右だけでなく、実は上下・前後にも存在しています。いいミックスは、まるで一枚の絵のように、それぞれの楽器が目の前に立体的に配置さるようになっています。

定位の上下・前後を狙ってコントロールするのはけっこう難しいです。私もはっきり狙ってできているわけではなく、試行錯誤しながらやっています。

今回の音源の改善点

上に書いたことを踏まえて、改めて音源を聴いてみます。

前回収録した音源

すると以下のような問題点が見えてきます。

  1. 全体的に音像が大きく、空間が狭い印象を受ける
  2. 各楽器の前後がおかしい。
  3. 上下の定位も若干おかしい。

これらの問題を、音像サイズ・明瞭度・定位感の3つの視点から考えてみます。

音像サイズ

音像サイズが大きく感じるのは以下の2つの点が原因です。

  • ドラムにコンプをかけすぎていて、音量感がですぎている。
  • ベース・ギター・リードの音量が大きい。

先ほど挙げた波形を見てみると、ドラム以外の楽器の音量は非常に小さいことがわかります。

ドラム以外の楽器が占めるレベルの割合
ドラム以外の楽器が占めるレベルの割合

ドラムのピークに対して-6dB程度を推移しています。

前回ミックスした音源を見てみると、

前回収録した音源の波形

みっちり詰まってはいませんが、ピークまで1dB程度すき間があるのが気になります。

これはどこか一部分に大きなピークがあることが原因です。レンジを気にしてマスターコンプをかけていなかったことが裏目に出ています。

このためドラムの音量が足りずに、他の楽器が大きく聞こえているのではないかと考えられます。

ドラムの音量を大きくするためダイナミックレンジに支障がない程度に、出すぎている部分をマスターのリミッターで叩くようにします。

コンプについてはかかりを落としても良さそうです。ドラムのコンプも見直してみます。

明瞭度

フェーダーをどれだけ下げてもしっかり楽器の音が聴こえていればOKです。録り音の良さがものをいうので、収録環境をしっかりすることが大切です。

明瞭度についてはやり直しがきかないので、かなり気を使ってきました。そのため今回は大きな問題はでませんでした。

定位感

定位については具体的に以下の問題があります。

  • ドラムの後ろにハーモニカが来ている
  • ベースの位置が上すぎる。もう少し下に来て欲しい。

定位は周波数成分と耳への到達時間できまります。大雑把にいうと以下のような特徴があります。

  • 距離が遠いと高域成分が減衰して、到達時間が長くなる。(およそ3.6mで1m秒)
  • 逆に短いと高域成分は減衰せずに到達時間は早くなる。
  • 周波数が低くなるほど人は下側から聞こえているように錯覚する。
  • 高いと上にあるように聞こえる。

ハーモニカ音源は、前回カブりを気にしてハイを落とす方向でイコライジングを施しました。これが裏目に出てドラムの後ろに引っ込んでしまいました。

ハーモニカはギターとカブらない程度にハイを戻してみます。

ベースはおそらく200Hz前後のローミッドが大きすぎるのが原因です。が、ここはベースの1番大事な部分で、単純にイコライザーで下げてしまうと残念な音になってしまいます。

サイドチェーンの利用なども考えましたが、今回は200Hzは残しつつ、60Hz周辺をブーストしすることで思ったような音にすることができました。


変更

以上の点をふまえて、各楽器の音を変更しました。

ドラム

変更前
変更後

コンプのリダクション量を減らして音が詰まった感じを減らしています。

ベース

変更前
変更後

Precistion ChannelStripを使っていましたが、音のクセが曲に合わなかったので「Pultec Pro(EQ)」と「1176LN(コンプ)」へ変更。60Hz付近をブーストしています。

ギター

変更前
変更後

ギターについては一工夫。一本だと音が寂しいので、別テイクの音源を重ねて、お互いにパンポットを若干変えて厚みを出しています。

2本のマイクで収録しているような効果が得られます。

ハーモニカ

変更前
変更後

かけていたコンプを外して、リバーブの量も減らしています。また、前回落とした3kHz付近を戻して音が前に来るようにしています。

完成したミックス

完成した音源の波形

で、やっと完成しました。

聴いた限りDレンジ・明瞭度・定位に大きな問題は無し。波形も隙間が多く音量もそこそこでているのでこんな感じかな?

Before:

After:

ちなみにここからダイナミックレンジを潰して音量感をがっつりあげるのであれば「LA-2A」というコンプのプラグインがオススメです。

LA-2Aのインターフェイス

LA-2Aの実機はオプト式と呼ばれるもので、ドラムなどの立ち上がりの速い音は苦手ですが、音を破綻させずに音量を上げることができるため、マスターコンプやボーカルに向いています。

これを使ってがっつり音を潰したのがこちら(音量注意!)

がっつりコンプをかけた波形

5dBもリダクションをすればこれだけがっつり音量感がでるようになります。(これはちょっとやりすぎたかな、、、)

まとめ

さて、ApolloTwinだけのミックス作業。いかがでしたでしょうか?

標準バンドルだけでもここまでできますが、UADストアではさらにたくさんの魅力的なプラグインがあります。購入した段階でも試用することができるので安心です。

みなさまが良いレコーディングをできますように。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII DUO

デスクトップタイプオーディオインターフェイスに、UAD-2プラグインがリアルタイムで動作するDSPシステムが合体したAPOLLO TWINの次世代モデル。サウンドハウスについては解説記事をご覧ください。
オススメ
  1. 紹介記事
  2. 本体とソフトウェアの使い方
  3. ベース・ドラムの収録
  4. アコースティックギターの収録
  5. リード楽器を入れてみる
  6. ミックスしてみる ←現在の記事